ストラクチャスキャン SIR-EZ PDFカタログGSSI社 ストラクチャスキャン SIR-EZ 鉄筋探査機

コンクリート内部探査の常識をくつがえす、「高性能 × コンパクト」レーダシステム。
NETIS登録商品:KT-120010-VE

2016年4月 A評価から活用効果評価済み技術VE登録となりました。

ストラクチャスキャン SIR-EZ

「SIR-EZ」は鉄筋コンクリート構造物内の鉄筋・配管・空洞等の位置と深さを正確に探査可能な一体型電磁波レーダ方式の内部探査機器(鉄筋探査機)です。

小型・軽量になってもGSSI社最大の特長である多重反射波抑制(偽像)や水平分解能(ピッチ)は、妥協のない高性能を達成しています。

操作・判定もとても簡単で、どなたでもプロの探査結果が得られます。

また先進の防塵・防滴構造(IP64規格※)のキャビネットを新採用し、粉塵や雨天等の環境の悪い現場での使用に耐え得る安心構造です。 高性能 × コンパクトな「SIR-EZ」が、快適・正確な内部探査を実現します。

動画を見る

SIR-EZ 価格や仕様のお見積もり・お問い合わせはこちら

特長

コンパクト一体型の送受信ユニットの新規開発

コンパクトでノイズの影響の少ないワンボックス型のキャビネット送受信ユニットを新規開発。優れたシールド効果で送受信回路からのインターフェアレンス(妨害波)をシャットアウト。

高性能アンテナフィルタ回路の新規設計

アンテナ特性に起因する独自ノウハウ「抵抗体の設計」を保有し、世界で初めて地中レーダを実用化したGSSI社。地中レーダ世界シェアNo.1の実績をもとに、多重反射波(偽像)の少ない高性能アンテナフィルタ回路を設計。

山形波形を●表示に自動変換する処理機能を標準装備

ストラクチャスキャンSIR-3000のオプションソフト「RADAN」に採用され、実績のある山形波形自動認識変換機能(鉄筋を●表示)を標準装備。初めて探査される方でも簡単に正確な判定が可能。

自動深度補正機能(ADC)

再生時、自動で正確な かぶり厚 を算出し含水率の影響が無い優れた精度で深度を補正します。(自動比誘電率測定)

自動感度調整機能(AGC)

測定中や再生時に自動で感度調整が一瞬に行え、理想的な探査画像が得られます 。

密集配筋や配管も探査可能 高周波

1600MHzパルスを採用し、探査距離1cm当たり4scan(測定)の高密度探査が可能。 例 : 配筋深度10cmの場合、水平分解能(ピッチ)3cm程度でも判定可能。

先進の防塵・防滴キャビネットを採用(IP64規格※)

過酷な使用に耐え得るキャビネットを新たに開発。粉塵や雨天等の環境の悪い現場でも安心して使用可能。

屋内外でも鮮明

画面の照度を設定出来る4段階のブライトコントロールを装備(OFF、25%、50%、75%、100%)

バージョンUPも容易に

SDカードホルダーを利用したバージョンUP機能を搭載している為、簡単に最新バージョンにUPグレードが可能

探査線が更に正確に

4輪が連動して駆動する為、探査時の車輪スリップ、空回り等が減少し正確な位置が判定可能 更に探査中の結果を後進(バック)することで直線に連動したマーカーが表示される為、正確に鉄筋等の位置をマーキング可能

探査位置がより明確に

常にレーザー光による電波反射位置が表示される為、探査目標の位置が正確に把握可能

※IP64規格とは…
「IP規格」は、日本工業規格(JIS)や国際電気標準会議(IEC)の持つ「IEC規格」によって定められた電気機器の制御ボックスや操作ボックスなどの保護等級を表した規格のことです。 「IP64」の「6」は、防塵性の等級(6:粉塵が内部に侵入しない。)を示し、「4」は防水性の等級(4:いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない。)を示しています。

進化しつづける性能と機能

ソフトウェアバージョンアップは無料サポート!
※マイナーバージョンアップ時

SIR-EZ 価格や仕様のお見積もり・お問い合わせはこちら

画面表示例と説明

各部名称・紹介

SIR-EZ ソフトウェア

オプション 3D可視化機能

主な機能


3D機能

  • SIR-EZ本体で3D表示が可能。
  • 透視画像とスライス画像がリアルタイム表示できる。
  • ソフトウェアバージョンアップを無料サポート※
  • フォトプリンタを使えば現場でもプリントアウトできる。
    ※マイナーバージョンアップ時、無償サポート

その他の探査例はこちらからご覧下さい。

現場で活きる新機能

4センチ単位でのスライス表示が可能ですので、より正確な測定が行なえます。

3D可視化機能を使用すれば、SIR-EZ/HR本体で3D表示が可能となり、現場での作業効率が大幅にアップするでしょう。

SDカード方式なので、フォトプリンタを使用して、その場で鮮明な3D表示画像をプリントすることもできます。 JPEG形式での保存ができ、パソコンへも容易に取り込めます。

オプションソフト 報告書作成 『レポートエディタ』

主な機能

操作画面イメージ

  • 地表面位置のアジャスト・深度/水平位置スケールの変更
  • Aモード表示とポイント指定(1データごとに無制限にポイント指定が可能)
  • 設定値の変更(GAIN・誘電率・表示サイズ)
  • ポイント指定位置の削除・変更機能やポイント表の貼付
  • 表示色の設定(カラー・白黒)Aモード波形振幅の変更
  • ターゲット間の平均距離・平均被りの自動計算
  • 任意の切出しデータをポイント指定・印刷実行
  • 複数の探査データを一括編集可能
  • 報告書雛形を作成し、登録可能
  • 探査開始場所が同じ3つの探査データを同時に解析可能
  • 読み込んだデータの縦横比を任意で拡大・縮小可能
  • 測定場所ごとに発生するノイズを除去し、画像を鮮明に
  • 深さ方向を5層に分け、感度を上げたい深さだけを任意で調整可能
  • 金属・非金属のカラーを分けてマーカーを打つことができる
  • 鉄筋間隔・平均かぶりなど、必要な情報を自動計算

 

マーキング作図例

配筋ポイント座標位置

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
距離(cm) 1 20.8 28.3 57.2 70.5 89.7 132.8 144.3 161.8 178.3 196.5 204.7 223.2
被り(cm) 7.9 8.1 8.3 8.9 8.7 9.8 9.5 9.3 9.3 9.1 8.7 9.1 8.1

距離平均: 18.5cm  被り平均: 8.8cm

 

SIR-EZ 製品仕様

製品名 ストラクチャスキャン サー・イージー
型式 SIR-EZ
測定方式 電磁波レーダ方式
測定対象物 鉄筋、塩ビ管、電線管、空洞等
測定深度 4〜450mm(高深度ソフトインストール時)
水平方向輻射間隔 ノーマル測定 2.5mm 高密度測定 1.25mm
ピッチ カブリ:ピッチ=1:0.3(例:配筋深度10cmで30mm以下判定可能)
測定距離
(一回の走査)
20m
データ保存量 SDカード2GB(4,800m)8GBまで対応
EZ本体内蔵メモリ 約2,800m
主な機能 自動ゲイン機能、自動深度補正機能、 オートターゲット、表示配色変更、 スクロール機能
最大走査速度 約40cm/s 速度アラーム付き
画面表示配色 白黒 3パターン カラー 2パターン
電源 バッテリー駆動
連続使用時間 3時間(但し、LED低照度)
外部接続 PC(専用ソフト必要/USB接続)
記録メディア SDメモリカード
外形寸法 約154(W)×175(H)×232(L)mm
重量 約1.5㎏(バッテリー装着時)
PC用報告書ソフト レポートエディタ(報告書作成支援ソフト・オプション)
解析ソフト RADAN Mini RADAN7(オプション)
備考 アンテナ・制御PC・表示部一体型レーダ

 

製品構成

標準製品構成

本体装置、バッテリー(落下防止用ロック付) 1個、充電器 1セット(ACコード付)、収納ケース 1個、落下防止用ストラップ 1本、取扱説明書CD、原理マニュアルDVD、校正証明書資料

オプション一覧

3D可視化ソフト【3D Viewer】、報告書作成ソフト【レポートエディタ】、解析ソフト【RADAN7】・【RADAN Mini】、予備バッテリー、予備充電器、グリッドシート、遮光フード、画面保護カバー、小型収納ケース、車高UP用大型車輪キット(標準サイズ×4、大型車輪サイズ×4)

オプション品については、お問合せください

SIR-EZ 価格や仕様のお見積もり・お問い合わせはこちら

ストラクチャスキャン SIR-EZシリーズ

ストラクチャスキャン
SIR-EZ HR

EZよりも鉄筋コンクリート構造物内の密集鉄筋や配管・空洞やジャンカ等の位置と深さを正確に探査可能!

ストラクチャスキャン SIR-EZ HR

詳細を見る

ストラクチャスキャン
SIR-EZ XT

業界初!シリーズ最高の高周波(2700MHz)で高分解能、高深度を達成!

ストラクチャスキャン SIR-EZ XT

詳細を見る

SIR-EZをチェックした人は下記製品も閲覧しています

   

完全非破壊型 鉄筋腐食探知器 iCOR

完全非破壊型 鉄筋腐食探知器 iCOR

完全非破壊・水撒き不要で、鉄筋腐食速度を測定することが可能です。

鉄筋腐食は、鉄筋深さ・位置を把握することで正確な計測ができます。
SIR-EZシリーズとの併用がお勧めです。