ホーム   新着情報

東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2  Giatec社

完全埋め込み型で、コンクリート内部の温度を測定!工期短縮に貢献します。
コンクリート打設直後から硬化までのコンクリート温度を測定可能です。
コンクリート養生管理にご活用ください。

積算温度からコンクリート圧縮強度を算出し、コンクリート枠型除去時間の最適化等に貢献。

完全埋め込み型  結線処理不要  ASTM C1074 準拠  コンクリート養生管理に

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2

SmartRock2は、従来の有線タイプとは違い、面倒な結線処理・先端処理が不要です!コンクリート内部完全埋め込み型のため、コンクリート構造物の表面仕上げに影響を及ぼしません。今までのように、覆いの下のセンサーを探したり、電気結線の確認が不要になります!

「圧縮強度と材齢」のデータからコンクリート圧縮強度と積算温度の相関式を求め、コンクリートの「温度と材齢」をモニタリングすることにより、コンクリートの温度変化からコンクリートの圧縮強度を算出する小型ワイヤレスセンサーです。これにより、コンクリートの硬化の測定(枠型除去時期の決定)・発熱/冷却過程のモニタリング・現場での品質管理が簡単に可能になりました。

SmartRock2のアプリ(下記専用サイトから無償ダウンロード)は多彩で、プロジェクト管理や、PDF簡易報告書の作成も可能です。

※SmartRock2から、プロジェクト管理とPDF簡易報告書の出力が可能となりました

PDF報告書サンプルをダウンロード

クイックガイドをダウンロード

専用スマートフォンアプリ

特長

  • リアルタイムデータ表示
    (温度、強度、積算温度、最小・最大温度)
  • 打設後から自動測定・記録(30分毎)
  • 巨大コンクリート構造物や深部(コンクリート表面から最大3m)の温度測定が可能
  • 積算温度より、圧縮強度(N/m2)を推定
  • 小型・防水仕様で取付け簡単
  • 打設から(電源ON後)約31日分の記録可能
  • 専用アプリは、
    Android・iOSスマートフォン・タブレット対応
  • データはワイヤレス(Bluetooth)で
    スマートフォン・タブレットに転送
  • 専用アプリで、CSV・簡易報告書(PDF)の出力からプロジェクト管理まで対応
  • 必要個数のみ購入!(推奨:50m3につき1個設置)
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2 センサーイメージ
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2 プロジェクト管理イメージ
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2

測定イメージ

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2

用途

  • コンクリートの硬化の測定(型枠除去時期の決定)
  • コンクリート温度測定・コンクリート温度管理・コンクリート養生管理
  • コンクリート養生状態の最適化
  • コンクリート発熱・冷却過程のモニタリング
  • 現場でのコンクリートの品質管理
  • コンクリートマチュリティ(コンクリート強度と積算温度の関係性)
  • コンクリート圧縮強度の推定(ASTM C1074 準拠)
  • コンクリート配合の最適化

測定手順

STEP.1
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2

本体を鉄筋(コンクリート表面から5cm以内)にくくりつけ固定
(スイッチON)
この際、打設時損傷防止のため温度センサーケーブルを鉄筋の下に設置してください。

STEP.2
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2

コンクリート打設後から継続的に温度を測定・記録

STEP.3
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2

専用無料アプリで本体内に記録されたデータを読み込み

STEP.4
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2

アプリ上で結果表示
(リアルタイム温度・強度・グラフ※)

※温度ー時間、マチュリティー時間、強度ー時間

STEP.5
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2

結果は、メール等で簡単に共有

鉄筋スペーサーを利用した例

SmartRock2は、コンクリート表面5cm以内に本体を埋設する必要があります。
表面から5cm以内に設置できない場合は、市販の鉄筋スペーサーを利用しコンクリート表面に本体を近づけてください。

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2 鉄筋スペーサーを利用した例

電源について

センサーの電源は、鉄筋取付け用ワイヤー(2本)を結びつけた瞬間にONとなります。ワイヤー同士を離すと電源は切れる仕様となっております。予めご了承お願い申し上げます。

本体のバッテリー寿命が4ヶ月のため、鉄筋に取付け後コンクリートの打設時期が遅れるとデータ測定期間が短くなりますので、ご注意ください。

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2 電源について

積算温度について

セメントの水和反応は、養生温度と養生時間に大きな影響を受けます。積算温度M(t)とは、コンクリートの圧縮強度を養生時間と養生温度の積で表したもので、積算温度とコンクリートの圧縮強度の関係をマチュリティ(Maturity)といいます。積算温度が同じコンクリートは、養生時間や養生温度が異なっていても圧縮強度が一定であると言えます。

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2 積算温度について

SmartRock2 動画

仕様

測定温度範囲 -30~80℃
分解能 ±0.5℃
Bluetooth通信範囲 6~8m(SmartRock2の発信ユニットをコンクリート表面から5cmに埋設した場合)
寸法 38×38×12mm
測定インターバル 30分(ASTM C1074 準拠)
保存データ(時間、日付、温度) 1500データ(打設から(電源ON後)約31日分の記録可能)
バッテリー寿命 4ヶ月
温度測定用センサーケーブルの長さ 40cmまたは3mから選択
重量 30g

製品構成

標準製品構成

SmartRock2本体センサー

専用スマートフォンアプリ(センサー管理用アプリ)

SmartRock2

SmartRock

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2 無料アプリ
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock2  無料アプリ