IoT コンクリート養生温度管理システム
測定器を丸ごと埋込みタイプ

SmartRock 温度
BlueRock 温湿度

コンクリート品質向上 × 内部温度/湿度管理

Bluetooth接続 NETIS登録製品

センサーの特長

世界初の完全防水&ワイヤレス技術 IoT NETIS登録製品

[使い捨てタイプ] [業界唯一]コンクリート内部の温度(温湿度)を測定するワイヤレスセンサー

面倒な結線処理や高価なデータロガーは不要

鉄筋に直接取り付け、コンクリートの内部に【センサーと本体すべて】を埋込みます。
測定データは、ワイヤレスでスマートフォンの無償アプリと接続可能です。

※2020年5月にNETISに登録されました(KK-200006-A)

従来方式との比較

世界初の完全防水&ワイヤレス技術

世界でこの製品だけ!完全防水・使い捨て・埋込み型の温度センサー
小型のセンサーをコンクリート内部に埋め込み、あとはスマートフォンでワイヤレス接続するだけで、簡単に内部の温度や温湿度を測定可能です。

従来方法の問題点

従来は、コンクリートの内部温度を計測するには、温度センサーケーブルを内部へ埋め込み、温度表示機や無線機などを有線で接続しなければいけませんでした。有線タイプの場合、配線が露出している箇所からコンクリートの内部に水が侵入し鉄筋腐食を起こしたり、ひび割れを起こす可能性もありました。

コンクリート内部の温湿度を管理

上記左図はSmartRockのイラストです。ケーブルの先に温度センサがあります。ケーブル長が40cmまたは3mから選択可能です。
BlueRockは、本体側にセンサーがついており、ケーブル仕様ではありません。ご注意ください。

簡単測定手順

無償アプリをインストール
センサーとBluetoothで接続

※Android・iosアプリがあります

鉄筋にセンサーを設置
そのままコンクリートを打設

※コンクリート表面から5cm以内に設置する必要があります / 表面から5cm以内に設置できない場合は、市販の鉄筋スペーサーを利用しコンクリート表面に本体を近づけてください。

スマホから周辺にあるセンサーと通信
測定データを取得し簡単にデータ共有も可能

センサーと通信している間はリアルタイム温度が表示されます

センサーの種類

[温度] [圧縮強度] 測定 ※積算温度から算出

ワイヤレスコンクリート温度センサー スマートロック NETIS

温度測定用センサーケーブルの長さは40cmまたは3mから選択

測定温度範囲 -30~80℃
寸法 38×38×12mm
測定インターバル 15分
保存データ 5760データ
バッテリー寿命 最長約4ヶ月
※センサー同期回数により異なります
温度測定用
センサーケーブル長
40cmまたは3mから選択
PDFダウンロード 製品詳細ページへ

[温度] [湿度] 測定

ワイヤレスコンクリート温湿度センサー ブルーロック

測定温度範囲 温度:-30〜+60℃
相対湿度:0〜100%
寸法 39×39×20mm
測定インターバル 分、時間単位で設定可能
保存データ 2500データ
バッテリー寿命 最長約2年
※測定インターバルやセンサー同期回数により異なります
温度測定
センサーケーブル長
なし
温湿度センサーは本体についています
PDFダウンロード 製品詳細ページへ

用途、販売先使用実績

センサーを供試体に埋め込み、温度変化と湿度変化を確認するため(SmartRock/BlueRock)
某建設会社 JV
コンクリート内部の表層付近の湿度と、湿度変化を調べるため(BlueRock)
K専門学校
センサーを橋梁の床板に埋め込み、温度管理に使用(SmartRock)
K建設会社
新設橋梁の工事に湿度測定、養生対策のため(BlueRock)
A会社
ボックスカルバートの施工において、コンクリートのひび割れを防止するため適正な脱型時期を把握するため(SmartRock)
I会社
コンクリート表面の養生マットに覆われた部分の湿度を計測(BlueRock)
K会社
湿度の変化での養生状態を確認する研究で使用(BlueRock)
T建設会社
コンクリート脱型までの1週間の温度変化を計測(SmartRock)
M建設会社
橋台底版コンクリート、橋脚コンクリートの温度測定を試験的に実施(SmartRock)
F建設会社
温度と内部の相対湿度の変化をモニタリング(BlueRock)
Y会社
工場の建直しに時に温度管理に使用(SmartRock)
J会社

その他、実績の詳細などはお問合せください