東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

ストラクチャスキャンSIR-EZ XT 技術情報・動画

電磁波レーダ ストラクチャスキャンSIR-EZ XTについて

鉄筋探査機 電磁波レーダ ストラクチャスキャン SIR-EZ XTの操作説明動画や技術情報・豆知識・よくある質問などを掲載しております。

電磁波レーダについてはこちら  SIR-EZシリーズについてはこちら

PDFダウンロード

よくある質問

鉄筋以外の非金属管などは探査可能なのか?どう判別するのか?

鉄筋以外の非金属管(CD管、非金属ガス管)も探査可能です。
こちらのページで判別方法を解説しております。

SIR-EZ XTのレンタルは可能ですか?

1日からレンタル可能です。是非お気軽にはお問合せください。

AC Line Tracが動作しません

まず、XTの画面左下に下記画像のようにかみなりマークは表示されていますでしょうか。また、ScanMaxモードでの設定メニューの[Line Trac]が50Hzまたは60Hzに正しく設定されているかご確認ください。
※AC Line Tracの機能はScanEZモードでは動作しません。

ストラクチャスキャン SIR-EZ XT AC Line Tracが動作しない場合
探査データの解析は行ってくれますか?

探査データの報告書作成については有料で行っております。
2、3点のデータの解析であれば無料でアドバイスは可能です。お気軽にお問合せください。

USBにデータをコピーしたがファイルの意味が知りたい

XTでは、探査データの形式は下記形式のものがワンセットとなります。(DZAがない場合もあります。)Report Editor Proなどでデータを開く際は、必ず同じ階層にファイルを置いてください。※画面保存を行った場合は画像ファイルもUSBにコピーされます。(.png)

  • FILE__001.DZT(Report Editor Proで開く場合このファイルを使用します)
  • FILE__001.DZX
  • FILE__001.DZA

比誘電率について

電磁波レーダで深度を求めるには、その媒質の固有にもつ比誘電率εrを装置に設定する必要があります。
一般的なコンクリートの比誘電率は6~8となり、この範囲の数値を設定します。
※乾燥すると小さく、含水量が多いと大きくなります

主な媒体の比誘電率一覧

材質 比誘電率
真空 1
空気 1
発泡スチロール 1
雪(かたまり) 1.4
ポリスチレン 2.4~2.7
清水氷 4
海水氷 6
御影石(乾燥) 5
御影石(湿潤) 7
材質 比誘電率
石灰岩(乾燥) 7
石灰岩(湿潤) 8
頁岩(湿潤) 7
砂岩(湿潤) 6
砂(乾燥) 3~6
砂(湿潤) 10~25
土(乾燥) 2~6
土(湿潤) 10~30
関東ローム(乾燥) 2~5
材質 比誘電率
関東ローム(湿潤) 10~40
砕石 5~9
永久凍土 6~13
コンクリート(乾燥) 4~6
コンクリート(標準) 6~8
コンクリート(湿潤) 8~20
アスコン 4~6
清水・海水 81
導体(金属など)

動画

SIR-EZ XT ご使用前に

SIR-EZ XT 2D測定前設定

SIR-EZ XT 2D測定