東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

反射波による金属・非金属の判別

電磁波レーダ(白黒表示)では、
比誘電率εrの物質中を伝搬する電磁波が比誘電率のより高い物質εr2表面で反射した場合、
+の反射波として白黒の山形波形が表示されます。(図1 3:鉄筋)

一方、比誘電率εrの物質中を伝搬する電磁波が比誘電率のより低い物質εr1の表面1で反射した場合、
−の反射波として黒白の山形波形が表示されます。(図1 4:非金属管)

この特性を利用し、コンクリート内部の反射体が、金属か非金属かを判別することができます。

※ 左側が黒、右側が白のカラー表示

電磁波レーダ:反射波による金属・非金属の判別

図1 反射例 (3:鉄筋、4:非金属管)

比誘電率 εr εr2(εr<εr2) =>正極性、白黒の山形波形

コンクリート(ε=6~8)

水(ε=81)
非金属管に水満水(上水道管)
鉄筋(ε=∞)(図1 3:鉄筋)
電線入CD管

アスコン(ε=4~6)

砕石(ε=5~9)
コンクリート(ε=6~8)

空気(ε=1)

コンクリート(ε=6~8)

電磁波レーダ:金属の場合は、白黒の山形波形

金属の場合は、上部が白色、下部が黒色

比誘電率 εr εr1(εr>εr1) =>負極性、黒白の山形波形

コンクリート(ε=6~8)

空気(ε=1)(クラック、ジャンカ、空洞)
プラスチック(ε=2) (CD管、非金属ガス管)(図1 4:非金属管)

電磁波レーダ:非金属の場合は、黒白の山形波形

非金属の場合は、上部が黒色、下部が白色

電線管判別ユニット AC Line Trac 新情報

このページをチェックした人は下記製品を閲覧しています

鉄筋探査機(電磁波レーダ法)ストラクチャスキャン SIR-EZシリーズ