東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

報告書作成ソフト Report Editor Advance レポートエディタ アドバンス | 後継品はこちら

windows10に対応のReport Editor Proが新しく発売されました。
今後報告書作成ソフトをご購入検討のお客様は、Report Editor Proをお買い求めください。

新報告書作成ソフトはこちら 後継品

スマート専用報告書作成ソフト ReportEditorGPR

特長

  • 測定データファイルの読み込み(*.DZT,*.DZTX)
  • レーダデータ画像化
  • 波形表示
  • ポイント表示
  • ポイント座標表示
  • 配筋表表示
  • Excel への画像出力
  • 複数の測定データの Excel 出力
  • ポジション、比誘電率などの設定
  • スクリーンショットでJPEG 形式 PING 形式 TIFF 形式 BMP 形式の何れかの形式画像保存
  • 地表面位置のアジャスト・深度/水平位置スケールの変更
  • Aモード表示とポイント指定(1データごとに無制限にポイント指定が可能)
  • 設定値の変更(GAIN・誘電率・表示サイズ)
  • ポイント指定位置の削除・変更機能やポイント表の貼付
  • 表示色の設定(カラー・白黒)Aモード波形振幅の変更
  • ターゲット間の平均距離・平均被りの自動計算
  • 任意の切出しデータをポイント指定・印刷実行
  • 複数の探査データを一括編集可能
  • 探査開始場所が同じ3つの探査データを同時に解析可能
  • 読み込んだデータの縦横比を任意で拡大・縮小可能
  • 測定場所ごとに発生するノイズを除去し、画像を鮮明に
  • 深さ方向を5層に分け、感度を上げたい深さだけを任意で調整可能
  • 金属・非金属のカラーを分けてマーカーを打つことができる
  • 鉄筋間隔・平均かぶりなど、必要な情報を自動計算

一括画像変換機能

画像処理後の複数データをExcelに一括貼り付け

電磁波レーダ 鉄筋探査機 報告書作成ソフト Report Editor Advance

複数の波形データ画像の整列

複数データを整列し、画像の比較が容易に

電磁波レーダ 鉄筋探査機 報告書作成ソフト Report Editor Advance

複数の波形データ画像の整列

電磁波レーダ 鉄筋探査機 報告書作成ソフト Report Editor Advance

背景消去機能

表面反射波等の横縞ノイズを一発消去

電磁波レーダ 鉄筋探査機 報告書作成ソフト Report Editor Advance

ゲインの設定

表示中、または選択中の波形データ画像の表示ゲインを変更することができます。 変更可能な値は0.1刻みで1.0~4.0の範囲です。
データを縦に最大5階層に分割し、それぞれの階層に対して 個別にゲインを設定することができます。

電磁波レーダ 鉄筋探査機 報告書作成ソフト Report Editor Advance

ver2.0.0.0~の新機能

電磁波レーダ 鉄筋探査機 報告書作成ソフト Report Editor Advance

仕様

最新バージョン ver 2.0.1.0
最新バージョンにバージョンアップされていないお客様は是非お問合せください。
Report EditorからAdvanceへのバージョンアップは有償です。
対応OS Windows XP、Vista、7
Windows10対応版は、 ReportEditorProです。