東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

【ヘルプ】報告書作成ソフト Report Editor Advance

Report Editor 動作環境依存コンポーネント

日頃より「報告書作成ソフト Report Editor/Report Editor Advance」をご利用有難うございます。インストールが上手くできない、起動しない、ファイルが読み込めないなどの症状が発生しましたら、まずはこちらをご覧ください。

バージョン情報はこちら

よくある症状Q&A

Windows10になって起動しなくなった

USBを一旦抜いて差込み、ドライバーがインストールされるまでお待ち下さい。
それでもインストールされない場合は、差込口を変えてみてください。

それでも自動インストールしない場合は、お手数をお掛けして申し訳ございませんが、以下の手順に従い、最新ドライバーをインストールしてください。正しく動作しなくなった原因として、デバイスドライバーの破損などが考えられます。最新ドライバーをインストールすることで、問題を改善できるか確認することができます。

最新ドライバーは下記のページの「Sentinel HASP/LDK - Windows GUI Run-time Installer」からダウンロードお願いいたします。また、インストールプログラムの実行前に、「Report Editor」を終了し、USB(HASP)キーをPCから外してください。

上記を実施しても不具合が解消されない場合は、大変お手数ですが担当営業にご連絡お願い申し上げます。
起動しない場合はどうしたらいいですか?

ソフトが正常動作しない場合、CD内の【動作環境依存コンポーネント】フォルダ内にある3つのプログラムをインストールして頂きますようお願い申し上げます。

Report Editor 動作環境依存コンポーネント Report Editor 動作環境依存コンポーネント

ネット環境がない(オフライン)インストールの場合は、CD内の【動作環境依存コンポーネント】を利用せず、ネット環境のある別のPCから3つのプログラムをそれぞれMicrosoftの公式サイトからダウンロードし、インストールするPCにUSBなどを使用してプログラムを移す必要がございます。
大変お手数ですが、それぞれ「DirectX 9.0c offline」「dotnetframework 3.5 offline」「vc 2008 runtime offline」と検索し、Microsoftのサイトよりダウンロードお願いいたします。オフラインでのインストールが可能です。

上記を実施しても不具合が解消されない場合は、大変お手数ですが担当営業にご連絡お願い申し上げます。
起動後に、DZTファイルを読込んだ際にエラーメッセージが出てしまいます
Report Editor 動作環境依存コンポーネント
「指定されたモジュールが見つかりません。(HRESULTからの例外:0x800700E)」

上記のようなエラーメッセージが出た場合は、【動作環境依存コンポーネント】フォルダ内にある【DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ】の【dxwebsetup.exe】をインストールしてください。
インストール方法詳細

ネット環境がない(オフライン)インストールの場合は、「DirectX 9.0c offline」と検索し、Microsoftのサイトより「DirectX End-User Runtimes」をダウンロードすると、オフラインでのインストールが可能です。

Report Editor 動作環境依存コンポーネント
インストール途中にございますBingバーのチェックマークは、特に必要ありませんのでチェックを外してください
USB(HASP)キーが点灯しなくなった

USBを一旦抜いて差込み、ドライバーがインストールされるまでお待ち下さい。
それでもインストールされない場合は、差込口を変えてみてください。

それでも自動インストールしない場合は、お手数をお掛けして申し訳ございませんが、以下の手順に従い、最新ドライバーをインストールしてください。正しく動作しなくなった原因として、デバイスドライバーの破損などが考えられます。最新ドライバーをインストールすることで、問題を改善できるか確認することができます。

最新ドライバーは下記のページの「Sentinel HASP/LDK - Windows GUI Run-time Installer」からダウンロードお願いいたします。また、インストールプログラムの実行前に、「Report Editor」を終了し、USB(HASP)キーをPCから外してください。

対応するOS(パソコン)は?

WindowsXP/Vista/7に対応しております。(※ただし、パソコンの仕様によっては動作しない場合がございます。)
また、windows8/10でも動作しますが、保障はしておりません。

万が一、ソフトが正常動作しない場合、CD内の【動作環境依存コンポーネント】フォルダ内にある3つのプログラムをインストールして頂きますようお願い申し上げます。

Report Editor 動作環境依存コンポーネント Report Editor 動作環境依存コンポーネント

ネット環境がない(オフライン)インストールの場合は、CD内の【動作環境依存コンポーネント】を利用せず、ネット環境のある別のPCから3つのプログラムをそれぞれMicrosoftの公式サイトからダウンロードし、インストールするPCにUSBなどを使用してプログラムを移す必要がございます。
大変お手数ですが、それぞれ「DirectX 9.0c offline」「dotnetframework 3.5 offline」「vc 2008 runtime offline」と検索し、Microsoftのサイトよりダウンロードお願いいたします。オフラインでのインストールが可能です。

上記を実施しても不具合が解消されない場合は、大変お手数ですが担当営業にご連絡お願い申し上げます。
【動作環境依存コンポーネント】がない!

大変申し訳ございませんが、CD内に【動作環境依存コンポーネント】がない場合、大変恐れ入りますが3つのプログラムをそれぞれMicrosoftの公式サイトからダウンロードする必要がございます。お手数ですが、それぞれ「DirectX 9.0c」「dotnetframework 3.5」「vc 2008 runtime」と検索し、Microsoftのサイトよりダウンロードお願いいたします。

ネット環境がない(オフライン)インストールの場合は、CD内の【動作環境依存コンポーネント】を利用せず、3つのプログラムをそれぞれMicrosoftの公式サイトからダウンロードする必要がございます。
大変お手数ですが、それぞれ「DirectX 9.0c offline」「dotnetframework 3.5 offline」「vc 2008 runtime offline」と検索し、Microsoftのサイトよりダウンロードお願いいたします。オフラインでのインストールが可能です。

上記を実施しても不具合が解消されない場合は、大変お手数ですが担当営業にご連絡お願い申し上げます。
エクセルファイルの保存に失敗してしまう

下記のようなエラーが出た場合、お客様のエクセル環境で.xlsxが対応していない場合などが考えられます。

Report Editor エクセルファイルの保存に失敗しました

ツールバーの【設定】の中にある【初期設定】のEXCEL出力形式を環境に合わせてご変更お願いいたします。

Report Editor EXCEL出力形式

また、初期設定の中にある【配筋判定表】のチェックマークは、Excelへの出力に反映されます。推奨チェックマーク例は下記です。

Report Editor 配筋判定表
上記を実施しても不具合が解消されない場合は、大変お手数ですが担当営業にご連絡お願い申し上げます。
Excelへの出力項目を選びたい

初期設定の中にある【配筋判定表】のチェックマークは、Excelへの出力に反映されます。推奨チェックマーク例は下記です。

Report Editor 配筋判定表
初期設定画面(配筋判定表)のOKとCANCELが表示されていない

お客様PCのDPI設定を変更されている可能性がございます。下記の手順に従ってDPIが100%(既定値)に設定されているかご確認お願いいたします。

window10の場合

  1. デスクトップの何もない所で右クリックし[ディスプレイ設定]をクリックします。
  2. [テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する]のスライダーを移動しサイズを100%に設定します。
  3. [ディスプレイの詳細設定] をクリックし、[テキストやその他の項目のサイズ調整]をクリックします。
  4. [カスタムの拡大率を設定]をクリックします。
  5. カスタムサイズ変更オプションが100%に設定されているかご確認ください。

window8の場合

  1. チャームバー([Windows] キー押しながら [C] キーを押す)を表示し検索をクリックします。
  2. 検索ボックスに「テキストやその他」と入力します。
  3. テキストやその他の項目の大きさの変更をクリックします。
  4. DPIを設定する画面が表示されます。
  5. 小-100%(S)をご選択ください。
  6. すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用するにチェックを入れます。
  7. カスタムサイズ変更オプションをクリックします。
  8. が100%に設定されているかご確認ください。

window7の場合

  1. スタートボタンを押します。
  2. 検索ボックスにdpiと入力します。
  3. テキストやその他の項目の大きさの変更をクリックします。
  4. DPIを設定する画面が表示されます。
  5. 小-100%(規定)をご選択ください。
  6. 上記の設定を変更しても表示されない場合は、5.の画面にあるカスタムテキストサイズの設定(DPI)が100%に設定されているかご確認ください。
USB(HASP)キーが点灯しているが、エラーメッセージが出てしまいます

Report EditorとReport Editor AdvanceのUSBキーは異なります。Report Editor Advanceをお使いのお客様はAdvance用のUSBキーをお使いください。

動作に関する注意点

弊社では各メーカー(NEC・Panasonic・Sony・シャープ・東芝・HP等、その他メーカー)のパソコン及びOS(Windows XP、Vista、Windows 7)にてソフトの動作確認を実施済みですが、ご使用のパソコンに必要なプログラムがインストールされておらず、ソフトが正常動作しないことがございます。

万が一、ソフトが正常動作しない場合、CD内の【動作環境依存コンポーネント】フォルダ内にある3つのプログラムをインストールして頂きますようお願い申し上げます。

Report Editor 動作環境依存コンポーネント Report Editor 動作環境依存コンポーネント

CD内に【動作環境依存コンポーネント】がない場合、大変恐れ入りますが3つのプログラムをそれぞれMicrosoftの公式サイトからダウンロードする必要がございます。お手数ですが、それぞれ「DirectX 9.0c」「dotnetframework 3.5」「vc 2008 runtime」と検索し、Microsoftのサイトよりダウンロードお願いいたします。

上記を実施しても不具合が解消されない場合は、大変お手数ですが担当営業にご連絡お願い申し上げます。

インストール時の注意点

再インストール・Advanceにアップデートするお客様

前回インストールされたソフトとフォルダが残っている場合、不具合が発生いたします。

  1. スタートメニューからコントロールパネル、プログラムと機能を開きます。(またはwindowsキーを押しながらRを押しappwiz.cplと入力)
  2. Report EditorまたはReport Editor Advanceをアンインストールします。
  3. アンインストール後、下記の場所にReportEditorのフォルダが残っている場合は削除します。
    • 64bitの場合 C:\Program Files(x86)\NSS
    • 32bitの場合 C:\Program Files\NSS

初回インストールのお客様

ソフトインストール作業は、USB(ドングルキー)をパソコンに挿入せずに行ってください。

  1. 【動作環境依存コンポーネント】フォルダ内にある3つのプログラム(dxwebsetup.exe、dotNetFx35setup.exe、vcredist_x86.exe)を実行して、インストールします。
    Report Editor 動作環境依存コンポーネント Report Editor 動作環境依存コンポーネント
  2. 【HASPUserSetup.exe】を実行して、インストールします。
    Report Editor HASPUserSetup.exe
  3. 【setup.exe】を実行して、Report Editor/Report Editor Advanceをインストールします。
    Report Editor setup.exe
  4. 正常にソフトがインストールされた場合は、USBをパソコンに挿入すると、ドングルキー内のLEDが赤く点灯します。
  5. Report Editor 動作環境依存コンポーネント