東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

東京オフィス 03-5534-8881

北海道・東北・関東・新潟・静岡・沖縄

関西オフィス 078-200-5217

東海・北陸・関西・中国・四国・九州

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3 Giatec社 NEW

完全防水/埋込み型 結線処理不要 ASTM C1074 準拠 マチュリティ法 NETIS登録商品:KK-200006-A

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3
  • ワイヤレス通信距離1.5倍!※SR-2比較
  • 測定ポイントが2箇所!
  • 簡単取り付け・頑丈設計!

完全埋め込み型で、コンクリート内部温度を測定するワイヤレスセンサーです。
現場の積算温度から圧縮強度を算出する方法(マチュリティ法)を採用!
工期短縮・コスト削減に貢献します。
コンクリート養生管理に是非ご活用ください。

コンクリート養生温度管理 IoT

関連ページ

SmartRock2との違い

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3

特長

  • リアルタイムデータ表示
    (温度、強度、積算温度、最小・最大温度)
  • 打設後から自動測定・記録(15分毎)
  • コンクリート内部にセンサー丸ごと完全埋込み型(本体はエポキシ樹脂でできており、圧縮強度はコンクリートの5倍、引張強度は10倍)
  • 巨大コンクリート構造物や深部(コンクリート表面から最大3m)の温度測定が可能
  • 積算温度より、圧縮強度(MPa、N/mm2)を推定
  • 小型・防水仕様で取付け簡単(SR3はラバーストラップでさらに取付簡単)
  • 打設から(電源ON後)約60日分の記録可能
  • 専用アプリは、
    Android・iOSスマートフォン・タブレット対応
  • データはワイヤレス(Bluetooth)で
    スマートフォン・タブレットに転送
  • 専用アプリで、CSV・簡易報告書(PDF)の出力からプロジェクト管理まで対応
  • 必要個数のみ購入!(推奨:50m3につき1個設置)
  • Giatec360に登録することで、管理画面からプロジェクトの管理などが可能に!

※「Giatec360」は、コンクリート打設のモニタリングと管理のためのクラウドサービスです。SmartRock のプロジェクト、センサの管理がクラウド上で可能になります。※2020年11月現在は英語での表示のみ対応Giatec360は無料で使用可能です。(登録時は無料プラン)また、登録をせず「ゲストとして続行」を選択するとオフラインで使用可能です。

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3 プロジェクト管理イメージ
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3 プロジェクト管理イメージ
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3

測定イメージ

コンクリート内部にセンサー、ケーブルすべて丸ごと埋込みます!

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3

用途

  • コンクリートの硬化の測定(型枠除去時期の決定)
  • コンクリート温度測定・コンクリート温度管理・コンクリート養生管理
  • コンクリート養生状態の最適化
  • コンクリート発熱・冷却過程のモニタリング
  • 現場でのコンクリートの品質管理
  • コンクリート圧縮強度(マチュリティ)の推定(ASTM C1074 準拠)
  • コンクリート配合の最適化
  • ダムや砂防ダム建設時の温度管理

本製品は、コンクリート内部に設置するものとして設計されています。

測定手順

予測強度(コンクリートの圧縮強度)を計算し表示させるためには、事前にコンクリートの情報を入力が必要です。
<マチュリティー校正>より編集可能です。詳細はこちらをご覧ください

STEP.1
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3

本体を鉄筋(コンクリート表面から5cm以内)にくくりつけ固定
(スイッチON)

STEP.2
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3

コンクリート打設後から継続的に温度を測定・記録

STEP.3
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3

専用無料アプリで本体内に記録されたデータを読み込み

STEP.4
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3

アプリ上で結果表示
(リアルタイム温度・強度・グラフ※)

※温度ー時間、マチュリティー時間、強度ー時間

STEP.5
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3

結果は、メール等で簡単に共有

電源について

センサーの電源は、センサー本体からケーブルの先端を外すとONとなります。ケーブルを再度センサー本体に挿入すると電源は切れる仕様となっております。

本体のバッテリー寿命が約4ヶ月のため、電源をONにし鉄筋に取付け後、コンクリートの打設時期が遅れるとデータ測定期間が短くなりますのでご注意ください。

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3 電源について

積算温度について

セメントの水和反応は、養生温度と養生時間に大きな影響を受けます。積算温度M(t)とは、コンクリートの圧縮強度を養生時間と養生温度の積で表したもので、積算温度とコンクリートの圧縮強度の関係をマチュリティ(Maturity)といいます。積算温度が同じコンクリートは、養生時間や養生温度が異なっていても圧縮強度が一定であると言えます。

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3 積算温度について

コンクリート工期短縮と安全・品質維持の目的で、全世界数千のユーザーによってご使用いただき、海外ではコンクリート施工時の標準必需品になりつつあります。また、米国では50州のうち45州でマチュリティ法によるコンクリート強度管理が認められるようになりました。

予測強度(コンクリートの圧縮強度)を計算し表示させるためには、事前にコンクリートの情報を入力が必要です(アプリ内マチュリティー校正を編集)

正しく強度を推定するためには、センサーを設置したコンクリートの配合(セメント、水、混和剤)に対する強度とマチュリティの関係を知っておく必要があります。

  • コンクリートの基準温度
    (これはJASS5や土木学会士方書に従う場合は-10℃に設定する、ASTMC1074に従う場合は0℃で設定する)
  • 各養生期間(例えば1、3、7、14、28 日目)におけるコンクリート<強度>
  • 試験室内で養生された際の決められた間隔で測定された コンクリートの<積算温度>(マチュリティー℃-hrs)

SmartRock3 動画

仕様

型番 SmartRock3(SR-3)
測定温度範囲 -30~85℃
分解能 0.1℃
Bluetooth通信範囲 12m(SmartRock3の発信ユニットをコンクリート表面から5cmに埋設した場合)
寸法 80×42×26mm
測定インターバル 15分
保存データ(時間、日付、温度) 5,760データ(打設から(電源ON後)約60日分の記録可能)
バッテリー寿命 4ヶ月
温度測定用センサーケーブルの長さ 30cmまたは3mから選択
重量 66g(30cmケーブル)、128g (3mケーブル)

製品構成

標準製品構成

SmartRock本体センサー

専用スマートフォンアプリ(センサー管理用アプリ)

ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3 無料アプリ
ワイヤレスコンクリート温度センサー SmartRock3  無料アプリ
オプション ※お問合せください

Smart Booster

SmartBooster

Smart HUB

SmartHUB

※購入の場合SmartHUBはインターネット契約が必要です
※どちらも販売だけでなくレンタル対応も可能です
※製品写真は開発中のもので、実際の形状は異なる可能性があります

Smart HUBを使用したSmartRock遠隔モニタリング例

SmartRock 遠隔モニタリング

※クラウドサービスGiatec360を使用します(無償/有償プランあり)

SmartRock3を購入できる販売店・代理店

株式会社ランドアート RECHNOS
株式会社マイゾックス
株式会社仙台銘板
有限会社新成田総合社
株式会社キューブイノベーション 測定キューブ
株式会社日本マーツ
穂高電子株式会社

製品に関するお知らせ