東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

多重反射のメカニズム

電磁波レーダ法の性能を決める大きな問題点の一つが、
送信アンテナのフィルタ特性により生じるリンギングと呼ばれる多重反射波の存在です。

本来、送信器では理想とする1/2波長のパルス波を発生させていますが、送信アンテナのフィルタ特性が十分でない場合、連続する複数の電磁波を輻射してしまいます。

この現象は、山形波形に複数のピークを出現させ、平行する「密集配筋」や垂直方向に重なる「W筋」の判別を難しくする要因となっています。

(電磁波レーダ・鉄筋探査機)ストラクチャスキャン SIR-EZシリーズは、高性能な高周波アナログ技術により、この多重反射波を低減させ、山形波形の立ち上がりと立ち下がりを明確に表現することにより、高い分解能を得ることに成功しています。

図1 多重反射波の概念図

電磁波レーダ 多重反射波の概念図