東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

鉄筋の深度と山形波形(ハイパボーラ波形)の関係

図1に鉄筋深度と山形波形シミュレーション結果の関係を示しています。

 山形波形のピークは、反射体の深度が浅い場合鋭く、反射体の深度が深くなるほどが緩くなります。また「立ち上がり」、「立ち下がり」の脚の太さは、反射体の深度が浅い場合細く、深い場合は太くなります。

図1 鉄筋の深度と山形波形(ハイパボーラ波形)の関係

太実線はAモード波形ピーク値(+)、細実線はAモード波形ピーク値(—)

鉄筋の深度と山形波形(ハイパボーラ波形)の関係

実際の波形が図2です。

これより鉄筋1→2→3→5になるにつれてピーク付近のカーブが緩やかになることがわかります。

図2 鉄筋深度別山形波形の比較(シミュレーション)

電磁波レーダ 多重反射波の概念図