東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

電磁波レーダ波形の読み取り方(クラック編)

鉄筋が錆びることによるクラックの読み取り方のポイントを説明しております。
クラックは、スラブ筋(コンクリート床版内部)に多く見られます。

ポイント

  • 鉄筋が腐食し爆裂した場合、左右の鉄筋へクラック状の波形が繋がります。
    (上面にもクラックが発生することが多いのですが、垂直のクラックは反射しない為見えません)
  • 配色「上が黒色、下が白色」の色合いは、クラック幅が大きいと推定されます。
鉄筋探査 クラック スラブ筋

スラブ筋とクラック探査例

スラブ筋が錆びることでクラックが発生した例

鉄筋探査 クラック スラブ筋

このページをチェックした人は下記製品を閲覧しています

鉄筋コンクリート構造物内の鉄筋・電線管・空洞・ジャンカ・ひび・クラックの位置や深度、かぶり厚を正確に探査可能な一体型電磁波レーダ方式のコンクリート内部探査機器(鉄筋探査機)です。