東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

電磁波レーダ波形の読み取り方(電線管/CD管:コルゲート管編)

電線管/CD管:コルゲート管波形の読み取り方のポイントを説明しております。

電磁波レーダ鉄筋探査機で、CD管を探査するには十分な観察力と推察力を要します。
特に鉄筋の間に配置されたCD管(電線なし)は両端の鉄筋の多重反射と重なり解析困難となります。

2Dでの反射波による金属・非金属の判別方法はこちら

ポイント

  • カラーパターンの変更(探査目的の材質を白色に)左を白色、右を黒色に変更する。
  • 鉄筋のみの箇所で山形波形を確認し、その山形波形と異なる波形が見られる場合は、慎重に分析する。
鉄筋探査 電線管 CD管:コルゲート管

電線管等が埋設される探査例

鉄筋探査 電線管 CD管:コルゲート管
電線管判別ユニット AC Line Trac 新情報

このページをチェックした人は下記製品を閲覧しています

鉄筋コンクリート構造物内の鉄筋・電線管・空洞・ジャンカ・ひび・クラックの位置や深度、かぶり厚を正確に探査可能な一体型電磁波レーダ方式のコンクリート内部探査機器(鉄筋探査機)です。