東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

電磁波レーダ波形の読み取り方(W筋・千鳥筋編)

ストラクチャスキャン SIR-EZを使って、W配筋、千鳥配筋波形の読み取り方を説明しております。

W筋

鉄筋探査 W筋

ポイント

  • 上部筋と下部筋の間隔が近い場合、上部筋で電波が減衰し、下部筋の頂部が薄くなる。
  • その場合、下部筋の頂部は山形波形の立ち上りと立下りの波形交点から位置を特定する。
鉄筋探査 W筋
鉄筋探査 W筋

深度が異なる鉄筋(千鳥筋)

鉄筋探査 W筋

ポイント

  • 山形波形が重なった部分は信号強度が強くなり、画像が濃く表示される。
  • 上部鉄筋の影響で下部筋の山形波形は大幅に薄く表示される。
  • 相互の鉄筋位置が近くなればなるほど山形波形の分離が難しくなり、判定が困難になる。
鉄筋探査 W筋
鉄筋探査 W筋

このページをチェックした人は下記製品を閲覧しています

鉄筋コンクリート構造物内の鉄筋・電線管・空洞・ジャンカ・ひび・クラックの位置や深度、かぶり厚を正確に探査可能な一体型電磁波レーダ方式のコンクリート内部探査機器(鉄筋探査機)です。