東京オフィス 03-5534-8881

関西オフィス 078-200-5217

電磁波レーダとは

電磁波は電波とも呼ばれ、皆さん日常で非常に多く使用してます。
例えば…携帯電話、電子レンジ、タクシー無線等

電磁波レーダ

  • 通常、空気中を一定のスピード(3×108 m/s)で直進する原理を利用
  • 携帯電話や電子レンジの高周波(マイクロ波)の半波長(インパルス)利用
  • コンクリートに電波(インパルス)を輻射すると…

鉄筋等で反射した電波は空気中に比べ約1/3の反射時間で受信=深度となる
装置内の距離計でカウントした水平移動距離と反射波を連動させ画面表示する

電磁波レーダを用いた非破壊探査は、エックス線検査(レントゲン探査)のような危険な放射線を使用しないことから、利用範囲も広く、今後さらに発展が見込まれる分野です。電磁波レーダでは、コンクリート構造物内の鉄筋・電線管・空洞・ジャンカ・ひび・クラックの位置や深度、かぶり厚、厚みなどが測定することが可能です。

電磁波レーダとは

このページをチェックした人は下記製品を閲覧しています

鉄筋コンクリート構造物内の鉄筋・電線管・空洞・ジャンカ・ひび・クラックの位置や深度、かぶり厚を正確に探査可能な一体型電磁波レーダ方式のコンクリート内部探査機器(鉄筋探査機)です。